東京でプチブームの台湾まぜそば!「まぜそば しるし」で初体験。

東京でプチブームの台湾まぜそば!「まぜそば しるし」で初体験。

JR高田馬場駅から徒歩15分、東京でプチブームの台湾まぜそば食べに「まぜそば しるし」に行ってきました。

名古屋発祥の「台湾まぜそば」

台湾まぜそばってご存知でしょうか?

実は最近、高田馬場でも台湾まぜそばのお店があるなーと思っていたら、東京に続々と台湾まぜそば店がオープンしているようです。

台湾まぜそば(たいわんまぜそば)とは、愛知県名古屋市にて提供されるラーメンの一種である。名古屋めしの一種とされる。

どんなものかというと

台湾ミンチ(鷹の爪とニンニクを効かせた醤油味のピリ辛ミンチ)を極太麺に乗せた、汁無し麺の一種である。代表的な具は台湾ミンチ、生の刻んだニラ・ネギ、魚粉、卵黄。好みでおろしニンニクを入れ、よくかき混ぜて食べる。通常の麺だと汁が無いので具が絡まりづらいため、あえてざるの中で麺の表面を傷つけ、絡みやすくしているのも特徴。提供される店舗によっては「追い飯(おいめし)」と呼ばれる、麺を食べきった後に丼に残る台湾ミンチやタレに白めしを投入するサービスがある。

引用:Wikipedia

汁無し麺というと油そばが有名ですが、台湾まぜそばも美味しそうですね!

では、行ってみましょう!

お店に到着したのは12:00。

なんと、一番乗りでした!

店内はコの字カウンター10席の小さなお店です。

とりあえず、卵黄台湾まぜそば(800円)の中をポチリ。
並と中は同じ料金です。大は+100円。追い飯(少量のご飯)は無料となってます。

その他のメニューはこんな感じです。

追い飯、初体験です。

追い飯は、まぜそばを食べ終わったあとに丼に残ったタレ、具の中に少量のご飯を入れて食べることができるみたいですよ!

まるで和風リゾットや〜

楽しみに待ちます。

待ちながら、食べ方講座をチェック!

待ちながら、食べ方講座をチェック!

10分ほどで着丼です。

10分ほどで着丼です。

うつくしい!!

きれいに盛りつけられてますね〜

では、混ぜまーす。

こんな感じでいいかな?

こんな感じでいいかな?

いただきま~す、パクリ

ピリ辛でうま〜い!

2口くらい食べてから、にんにくを投入!

うまさ倍増!

臭かろうが関係ない!にんにく入れないとダメだな。

さらに、コンブ酢やごまを入れながら、台湾まぜそばを堪能。

そして、楽しみの追い飯を頼みます。

丼にドーン!

そして、楽しみの追い飯を頼みます。

混ぜまーす。

和風リゾット完成!

和風リゾット完成!

いやー、台湾まぜそばは初体験でしたが、ピリ辛で美味しかったし、楽しかったです。

量的には全然食べられますよ。

ごちそうさまでした!

地図

「まぜそば しるし」の詳細情報

店名 まぜそば しるし
住所 東京都新宿区西早稲田3-19-1
営業時間 11:30~15:30
17:30~22:00
ランチ営業
タバコ 完全禁煙
定休日 無休(年末年始、お盆は休む場合あり)
公式ホームページ http://mazesoba-shirushi.com/index.html
クーポン・予約 なし



シェアする